スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納入物を仏像の中へ

このようにアルミ箔に包んでさらに和紙に包み
永平寺由来の納入物をタイムカプセルのように
胎内物として後世にたくします。

納入物-9 納入物-4

あらかじめ内刳りをした仏像にこのように納める。
右の画像は納入物を固定するために竹でとめたところです。

納入物-5 納入物-8

この後、接着する。
解体修理の時までこの状態が続きます。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

しょうみょうあんブログ

福井 照明

Author:福井 照明
〔ふくい しょうみょう〕

名古屋で仏像彫刻をしています。

>仏師 福井照明 仏像彫刻工房
 「しょうみょうあん」ホームページ


>「末期ガンを告知されて」の記事をはじめから読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。