スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗ガン剤投与を止める理由   21

ガン告知を受けた頃、友人の医者に抗ガン剤投与について相談した時は、
医者は死を選ぶ という結論でした。
私は迷った結果 その時は抗ガン剤投与の道を選びました。
そして9か月が過ぎて 私のガンが極小になったことを深く考えてみました。
抗ガン剤は劇薬です。ガン細胞を退治してくれますが健康な細胞にも
大きなダメージを受けます。
今の私は ガンを告知される前の生活とは大きく生活環境が変わっています。
特に食事療法には気を付けて、更に 精神的ストレス、
肉体的ストレスも見直して、せっかち生活からスローライフに切り替えています。
従って免疫力、自然治癒力等もかなり高まっている感じがします。
大げさに言うと、身体中が浄化されて元に戻った気分です。
そこで気が付いたのが 抗ガン剤という劇薬を投与し続けるリスクより
自然の治癒力、免疫力の力に頼った方がリスクが小さいのではないか?
抗ガン剤を投与し続けても、結果的に副作用に悩まされながら
2年前後で死に至ってしまう人がほとんど・・・。
主治医は5年生きている人も抗ガン剤は投与し続けていると言います。
しかし、その他の人は皆・・・。私の決心は今後 私のように
ガンが極小になった人達に送るメッセージとして
私自身の人体実験をしてみようと思ったからです。

八体童子 ブログ21
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

しょうみょうあんブログ

福井 照明

Author:福井 照明
〔ふくい しょうみょう〕

名古屋で仏像彫刻をしています。

>仏師 福井照明 仏像彫刻工房
 「しょうみょうあん」ホームページ


>「末期ガンを告知されて」の記事をはじめから読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。